国際・政治エコノミストリポート

「マイバッグ」「ペットボトル再生」では不十分 「脱プラ」をブームで終わらせないために必要な視点とは=瀬口亮子

    レジ袋は必要な人が「申し出る」制度になった
    レジ袋は必要な人が「申し出る」制度になった

    「脱プラ」の行方 定着したレジ袋の辞退 次の標的はペット容器減=瀬口亮子

     2020年7月1日にレジ袋有料化(無償配布禁止)が施行されてから、1年以上が経過した。「有料のレジ袋はご入り用ですか」「大丈夫です」。買い物の際の店員と客のこんなやり取りも、すっかり耳慣れたものになった。

     コンビニ各社などが加盟する日本フランチャイズチェーン協会によると、有料化前の20年6月時点のレジ袋辞退率は28・3%に過ぎなかったが、21年2月には74・6%まで上昇。もともと取り組みの進んでいたスーパー各社が加盟する日本チェーンストア協会では、19年度時点ですでに57・2%だったのが、20年度は75・3%に達したという。

    繰り返し使ってこそエコ

     有料化される前は、レジ袋をもらいたくない人がわざわざ「袋は要りません」と申し出たり、不要カードをカゴに入れたりしなければならなかった。特にコンビニでは、袋に入れようとしている店員の手を止めてまで「不要」の意思を伝えるのは、おっくうだと感じていた人も多いだろう。有料化は、ただ単に袋の代金を払わなければならなくなったというだけでなく、「必要な人が『ほしい』と申し出る」制度に変わった。この「デフォルト」(標準設定)の変更こそが、人々の行動変化を促す効果につながったといえる。

     今回のレジ袋有料化については、当初関係者から「抜け穴」が指摘されていた。有料化が義務付けられるのは、プラスチック製で厚さ50マイクロメートル未満の持ち帰り用の袋とされており、厚さ50マイクロメートル以上のプラスチック袋や、海洋生分解性プラスチックの袋、植物由来のバイオプラスチックを25%以上含む袋は、対象外とされていたからである。これら対象外の袋や紙袋を無償配布して、有料化を免れる事業者がかなり出てくるのではないか、と懸念されていたのである。

     しかし、ふたを開けてみると、多くの小売りが、プラスチック袋をバイオプラ袋に切り替えた上で有料化したり、紙袋も合わせて有料化したりした。当初は紙袋を無償配布していたユニクロも20年9月からは一律10円の有料制とした。これは期待した以上の展開だった。確かに、紙袋やバイオプラ袋は従来のプラスチック袋に比べ、原価が高く、無償配布は割に合わないため、各社の判断は合理的といえる。

     一方で、注意点もある。多くの小売店が、店頭にコットン製やポリエステル製などの繰り返し使える買い物用袋を並べた「エコバッグ」コーナーを展開している。買い物の量や用途に合わせて袋を複数枚用意することは必要だろうが、デザインなどにつられてつい何枚も購入するのでは意味がない。

     そもそも「マイバッグって本当にエコなの?」という疑問もよく聞かれる。資源採取から製造、物流、使用、廃棄・リサイクルまでの製品のライフサイクル全体の環境負荷を考えるLCA(ライフサイクルアセスメント)について、東京大学大学院講師の中谷隼氏(都市工学専攻)らの研究結果(図1)によると、同じ中国製のレジ袋とポリエステル製のマイバッグの二酸化炭素(CO2)排出量を比較した場合、マイバッグはレジ袋の50倍の排出量となる。マイバッグの重量がレジ袋の約10倍であり、原料段階のポリエステル生地製造過程における負荷が大きいことが主要因である。マイバッグは50回以上使用して初めてレジ袋のCO2排出量を下回り、以降繰り返し使うことで、排出量を低減することができる。また、イギリス環境庁の調査(06年)では、コットン製バッグでは130回以上使用しないと、レジ袋よりも環境負荷が高くなるとされている。

     企業や自治体が、国連の持続可能な開発目標「SDGs」の取り組みと称して、顧客や市民にロゴ入りバッグを配布しているのを目にするが、もらった人がそれだけの回数使ってくれるのか、今一度考えてからにするべきだろう。

    東京の水道水効果

     レジ袋が、使い捨てプラスチック削減の最初のターゲットになった背景は、レジ袋が商品の購入に対してサービスとしてついてくる「おまけ」にすぎず、課金するのが合理的であること、1990年代ごろから、資源節約や地球温暖化防止の取り組みとしてマイバッグ持参運動が広がっていたことなどがある。日本はもともと早くから官民挙げてレジ袋削減の取り組みを進めてきたにもかかわらず、法制化の段階では他国に後れを取ってしまい、ようやく追いついた形だ。今や、世界はすでに次のターゲットに向かっている。

     いま注目されているのはペットボトルだ。世界では1分間に100万本のペットボトルが生産されているといわれる(17年、ユーロモニター調べ)。ペットボトルリサイクル推進協議会の統計によれば、19年のペットボトルのリサイクル率は、日本では85・8%、欧州は39・6%、アメリカは19・7%である。リサイクルされていないペットボトルがど…

    残り2039文字(全文4039文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事