教養・歴史書評

平安時代は「平安」ではなかった! 異賊来襲の危機を描写=今谷明

歴史書の棚 平安期の異民族襲来を詳述 武士の変遷伝える格好の史実=今谷明

 ちょうど1000年前、世は平安時代の摂関全盛期の頃、北方の異民族が北九州を襲撃するという大きな国際的事件が起こった。平安前期、9世紀ごろまでは、中国東北地方の渤海(ぼっかい)国が日本と友好関係を築いており、中国の唐は老衰期を迎えているとはいえ、日本は貴族政治の中、泰平を謳歌(おうか)していた。それだけに北方異民族(刀伊(とい))の襲来は日本にとって大変な衝撃であった。

 関幸彦著『刀伊の入寇(にゅうこう) 平安時代、最大の対外危機』(中公新書、880円)は、右の国際的大事件を多角的に考察した好著で、平安時代観を一変させるほどの読後感を与える。

残り696文字(全文1006文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事