国際・政治論壇・論調

インフレは制御可能なのか 米国で暴走への警戒論噴出=岩田太郎

    米下院で証言するイエレン財務長官(2021年9月ワシントンで) Bloomberg
    米下院で証言するイエレン財務長官(2021年9月ワシントンで) Bloomberg

    インフレは制御可能なのか 米国で暴走への警戒論噴出=岩田太郎

     イエレン米財務長官は10月24日、CNN討論番組に出演し、「2022年前半は物価上昇が高止まりするものの、制御できないレベルにはならない。次第に正常化し、収束する」との見方を示した。本当にインフレは一時的なものに終わるのか、米論壇の議論は新たな段階に入っている。

     米『ワシントン・ポスト』紙の経済コラムニストであるロバート・サミュエルソン氏は10月19日付の評論で、「1970年代の悪性インフレ退治で知られる故ポール・ボルカー米連邦準備制度理事会(FRB)元議長は、『インフレを制御できないレベルにまで高めてはならない。いったん物価上昇が暴走を始めれば、それを止めることが困難だというのが、世界中の中央銀行が学んだ教訓だ』と述べていた。FRBは、失業率上昇などの副作用で批判を浴びることになっても、早期に金融を引き締めて、インフレが制御不能になることを防ぐべきだ」と論じた。

     また、独保険大手アリアンツの首席経済顧問であるモハメド・エラリアン氏は10月21日付の評論サイト「プロジェクト・シンジケート」で、「70年代に見られたような2ケタのインフレが起こる兆候はないものの、ニューヨーク連銀の消費者インフレ期待アンケート調査では、この先3年間の物価上昇率が前年比4%を上回るとの回答が得られた。労働力不足も続くため、インフレは高止まりする」との見方を示した。そのうえで、「『インフレは一時的なものだ』としてきたFRB高官の多くは、遅まきながら見方を修正している。FRBは、緩和的な資産購入の規模縮小を急ぐなど、早く現実に追い付くべきだ」と…

    残り704文字(全文1404文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事