国際・政治ワールドウオッチ

香港行政機構の“がん”にメス、住宅供給体制を大幅に見直し=江藤和輝

    施政方針演説の発表後に記者会見した林鄭月娥・行政長官 筆者撮影
    施政方針演説の発表後に記者会見した林鄭月娥・行政長官 筆者撮影

    香港 北部の開発計画発表=江藤和輝

     来年6月末に任期が満了する香港の林鄭月娥・行政長官は10月6日、任期中最後の施政方針演説を発表し、香港北部の全体的な開発計画「北部都会区開発戦略」を打ち出した。住宅開発に対応するため、同エリアの交通インフラ建設計画を見直し、香港北西部と深圳市前海を結ぶ鉄道の建設計画も盛り込まれた。

     土地と住宅の供給を促進するため、「都市計画条例」「土地接収条例」「都市計画と海港保護条例」など少なくとも5件の条例を改正するほか、政府の機構改革案も打ち出している。交通インフラから住宅供給までの広範な政策を担当する「運輸及房屋局」を「運輸局」と「房屋局(住宅局)」に分離。房屋局は土地開発を担当する発展局と協調を図り、住宅用地の供給を加速させる。

    残り189文字(全文522文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事