週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

NYダウは89年の日本株とうり二つ=市岡繁男

     証券界には、年末に向けて株価が上昇することを指す「掉尾(とうび)の一振(いっしん)」という言葉がある。1989年暮れの2カ月間はまさにその通りの展開だった(図1)。特に好材料があったわけではないが、株式先物オプションに大口の買いが入り、空売りの買い戻しを誘ったことが相場急騰の原因だ。そんな実体のない株高が一巡した後に、金利上昇と円安が加速したのだから株価暴落は必然だった。

     いまの米国株も、先物に投機的な買いが入れば、売り方の踏み上げで思わぬ株高となろう。異常ともいえる株価水準を警戒し、ヘッジ売りを入れた投資家も多いからだ。そんな妄想を抱いたのは、最近のNYダウ指数の日足がバブル末期の日経平均とうり二つだからだ(図1)。通貨単位の違いはあるものの株価の絶対値は同じで、長期金利の動きもよく似ている(図2)。

    残り230文字(全文587文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事