国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク マスク義務化なしが物議=津山恵子

カーネギーホールな多くの劇場では徹底したコロナ対策を継続 筆者撮影
カーネギーホールな多くの劇場では徹底したコロナ対策を継続 筆者撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で1年半以上休業していたブロードウェーのミュージカル劇場やコンサートホールが9、10月に再開した。多くの劇場ではコロナの感染対策がされているが、マンハッタン区のロックフェラーセンターにあるラジオシティ・ミュージックホールが従業員や観客の「マスク着用」を義務化しない方針を発表し、一部の出演者や市民から不安の声が上がっている。

 同ホールはクリスマスの豪華なショーが有名で、米国の演劇界で最も権威がある賞とされるトニー賞の授賞式も行われる。その伝統的なホールでの舞台でマスクの着用が義務化ではなく、推奨とされていることから、出演するダンサーなど関係者から新型コロナの感染を不安視する声がある。米紙『ニューヨーク・タイムズ』によると、同ホールは「私たちの建物内で人々を守るには十分な方針だ」と主張しているという。

残り129文字(全文497文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事