国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク マスク義務化なしが物議=津山恵子

    カーネギーホールな多くの劇場では徹底したコロナ対策を継続 筆者撮影
    カーネギーホールな多くの劇場では徹底したコロナ対策を継続 筆者撮影

     新型コロナウイルスの感染拡大で1年半以上休業していたブロードウェーのミュージカル劇場やコンサートホールが9、10月に再開した。多くの劇場ではコロナの感染対策がされているが、マンハッタン区のロックフェラーセンターにあるラジオシティ・ミュージックホールが従業員や観客の「マスク着用」を義務化しない方針を発表し、一部の出演者や市民から不安の声が上がっている。

     同ホールはクリスマスの豪華なショーが有名で、米国の演劇界で最も権威がある賞とされるトニー賞の授賞式も行われる。その伝統的なホールでの舞台でマスクの着用が義務化ではなく、推奨とされていることから、出演するダンサーなど関係者から新型コロナの感染を不安視する声がある。米紙『ニューヨーク・タイムズ』によると、同ホールは「私たちの建物内で人々を守るには十分な方針だ」と主張しているという。

    残り129文字(全文497文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事