教養・歴史書評

魚が減ったのは農薬のせい? 30年以上の研究で解き明かす=美村里江

    ×月×日

     わが家にはソファがない。10を超える飼育水槽に部屋が占拠されているからだ。渓流釣りに海釣り、食べるのも含め魚は大好きだ。

     最近では北海道の赤潮の問題など、魚の減少は度々ニュースとして報じられる。しかし、水系の変動は影響が広域で原因も複雑。閉ざされた水族館の多量死ですら、専門家の分析が入っても原因不明で終わることがある。

     そんな現状が下地にあり、期待して開いた『東大教授が世界に示した衝撃のエビデンス 魚はなぜ減った? 見えない真犯人を追う』(山室真澄著、つり人社、1100円)。島根県宍道湖のワカサギとウナギを対象とし、30年以上の試行錯誤を経た調査に基づいた本だ。

    残り1036文字(全文1325文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事