教養・歴史アートな時間

舞台 アル☆カンパニー・ラボ 「POPPY!!!」=濱田元子

    新谷光太郎撮影
    新谷光太郎撮影

    元恋人同士に夫婦に未婚カップル… 食い違うから面白い男女6人の日常

     小空間から発信する心に刺さる舞台が、観客を引きつける。アル☆カンパニーは、平田満と井上加奈子によるプロデュースユニットだ。

     2人が実際に劇場で見て「この人のせりふが言いたいな」と思った若い世代の作家に声をかけてきた。15年前のスタートから、蓬莱竜太の「罪」、前田司郎の「家の内臓」、田村孝裕の「父よ!」など話題作を次々と生み、桑原裕子と組んだ「荒れ野」は、「ハヤカワ『悲劇喜劇』賞」を受けた。

    「必ず再演をするようにしています。努力して作って、1週間こっきりで終わりっていうのはもったいない」と平田。そんなところにも、2人の演劇への真摯(しんし)な姿勢がにじみ出る。

    残り1017文字(全文1333文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事