教養・歴史アートな時間

ピアノ持ち込み、調律も自前。クリスチャン・ツィメルマン来日!=梅津時比古(クラシック)

    クリスチャン・ツィメルマン ©KASSKARA/DG
    クリスチャン・ツィメルマン ©KASSKARA/DG

    クラシック クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル=梅津時比古

    過去の栄光顧みない芸術の昇華 ツィメルマン日本公演が実現

     ショパン国際ピアノ・コンクールが大きな話題を呼んだ。アニメや映画がコンクールブームともいうべき現象を作り出した背景もある。また、コロナ禍で世界のネット状況が様変わりし、一挙にオンライン化されたことも大きいだろう。これまでも国際コンクールはライブ配信されていたが、この1年、各家庭でオンラインを受ける環境が急速に整ったことで、今回は、世界中で40万〜50万人が、まるでオリンピックを見るように、予選から演奏を見ていた。

     オリンピックとコンクールとでは大きく異なる。オリンピックで優勝した人が「金メダルを取ったので、これで私は引退します」と宣言しても、誰も不思議に思わないだろう。しかし音楽コンクールで優勝した人が「1位を取ったので、これで私は引退します」と宣言したら、多くの人がびっくりするのではないだろうか。オリンピックはゴール地点だが、コンクールはスタート地点なのである。

    残り903文字(全文1354文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事