【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

壮絶な市街戦描く。アメリカ映画らしさがまるでないアメリカ映画=野島孝一

©2020 Picnic Global LLC. All Rights Reserved.
©2020 Picnic Global LLC. All Rights Reserved.

映画 モスル 〜あるSWAT部隊の戦い〜=野島孝一

アラビア語が母国語の俳優結集 特殊部隊vs過激派組織の壮絶戦

 モスルは、イラク北部の大都市。イラク戦争で米軍に占拠され、さらにイスラム過激派組織IS(ISIS)に占領された。2016年から17年にかけてイラク政府軍などが奪回作戦を行い激しい市街戦が展開された。この映画の基になったのは、アメリカの雑誌『ザ・ニューヨーカー』に掲載された記事。モスルの警官で組織されたSWAT(特殊部隊)がISと戦っているというものだった。この記事を読み、感銘を受けたのが、ハリウッドのアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。「アベンジャーズ」シリーズの監督をした兄弟は映画化権を獲得。ロバート・レッドフォード監督の「大いなる陰謀」などの脚本家、マシュー・マイケル・カーナハンが映画初監督した。

 普通、アメリカ映画にはアメリカ人の俳優を使うものだが、この映画は世界各地からアラビア語を母国語とする俳優たちが集められた。つまり、監督らは完璧なリアリティーを求めたのだ。撮影の大半はモロッコのオープンセットで行われた。セットを作ったのは、「ロード・オブ・ザ・リング」の美術監督フィリップ・アイヴィ。撮影監督が「アバター」でアカデミー賞を受賞したマウロ・フィオーレなどスタッフは一流だ。そして、ドロー…

残り719文字(全文1277文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事