【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

映画 MONOS 猿と呼ばれし者たち 水銀のように流動しながらカオスの内臓を探っていく=芝山幹郎

(c) Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Vast, Pando & Mutante Cine
(c) Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Vast, Pando & Mutante Cine

水銀のように流動しながら、カオスの内臓を探っていく=芝山幹郎

 水銀のような映画だ。流動する粘液が形を変えつづけ、輝きと毒性を片時も失わない。怖くて、危うくて、観客の眼と耳に強く絡みつき、なおかつ悪夢のような臨場感が並外れている。出てくる人間と土地が、脳裡にこびりつく。

「MONOS 猿と呼ばれし者たち」の主な登場人物は、年端も行かぬ8人のゲリラ兵だ。うっかり少年兵と書きそうになったが、なかには少女の姿も見受けられる。少年なのか少女なのかよくわからない兵士もいる。そもそも性別を問うこと自体が無意味に思える。彼らは、内戦の終結しないコロンビアの山岳地帯をアジトとしている。

 といっても、敵は明示されない。若者たちは、「組織」から派遣された「メッセンジャー」(ウィルソン・サラザール)という筋肉質の小男の訓練を受ける。

残り943文字(全文1301文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事