教養・歴史アートな時間

映画 CHAIN/チェイン 新撰組の“裏側”を描いた異色作 現在を点描し時間の連鎖浮き彫りに=寺脇研

    ©北白川派
    ©北白川派

     天皇が絶対だった戦前は、勤王の志士を襲う集団として敵役扱いだった新撰組は、戦後になると、GHQの時代劇禁令が解けるやいなや、数多くの映画で取り上げられ、人気を高めていく。三船敏郎が近藤勇を演じた「新選組」(1969年)をはじめ、「沖田総司」(74年)、「御法度」(99年)、「壬生義士伝」(2002年)、そして公開中の「燃えよ剣」(21年)に至るまで枚挙に暇(いとま)がない。テレビドラマや漫画でも、新撰組ものは引きも切らず連発されている。

     そんな中、なんとも異彩を放つ新撰組映画が誕生した。題名からして、一見意味不明。時代劇でありながら、京都タワーなど現在の町並みが登場したりもする。予備知識のない観客が戸惑いを感じるのも当然だろう。

    残り979文字(全文1298文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事