教養・歴史アートな時間

日本初公開作品も目白押し。モネやゴッホらの全盛期の絵画が並ぶ=石川健次

    フィンセント・ファン・ゴッホ≪プロヴァンスの収穫期≫1888年、油彩/カンヴァス、51.0×60.0㌢ イスラエル博物館蔵 ©The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital
    フィンセント・ファン・ゴッホ≪プロヴァンスの収穫期≫1888年、油彩/カンヴァス、51.0×60.0㌢ イスラエル博物館蔵 ©The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital

    鮮やかなプロヴァンスの麦畑 日本初公開《睡蓮の池》も必見

    美術 イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン=石川健次

     絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)にとって、麦畑、あるいは麦の収穫風景は、ひまわりや糸杉などと並ぶお気に入りの主題だった。南仏アルルに移り住んで間もなく、35歳の夏に近郊の農村で目にした景色を描いたのが、図版の作品だ。

     実景を前に描かれた可能性が高いという。明るい青空と燃えるように鮮やかな黄色い麦畑、この青と黄の鮮烈な輝き、強烈な対比に何より目を奪われた。南仏の強烈な日差しに照らされ、豊穣(ほうじょう)な実り、生命をはぐくむ大地への賛歌、あるいは額に汗して働く農民たちへのエール、労働の喜びや尊さが謳(うた)われているだろう。

    残り1101文字(全文1455文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事