国際・政治ワールドウオッチ

台湾屏東県に輸出マンゴー加工場建設、庶民派の人気県長からの要請で即決=井上雄介

    東京の小売店でバナナの販路を開拓する潘県長(左) 屏東県政府のホームページより
    東京の小売店でバナナの販路を開拓する潘県長(左) 屏東県政府のホームページより

    台湾 次々に工場を誘致する人気首長=井上雄介

     マンゴーやパイナップルなど果物の産地として知られる台湾南部の屏東県で、輸出用果物の加工施設「国際級農業包装加工場」の建設が決まった。報道によると、10月末、蘇貞昌行政院長(首相)が屏東県を視察した際、同県長(知事)の潘孟安氏が中央の支援を直訴して実現した。

     加工施設は、果物の鮮度を保つ低温倉庫を備えるほか、特産「愛文マンゴー」の日本や韓国への輸出を増やすために両国が義務付けるくん蒸処理施設を設ける。潘氏は水産品加工場と食肉市場の移転計画も直訴して認められた。

    残り275文字(全文529文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事