教養・歴史書評

差別を直視する強さ コリアン・クールを読む=ブレイディみかこ

    ×月×日

     英国でも、韓国の音楽や映像が「かっこいい」と言われるようになって久しい。ネットフリックスのドラマ「イカゲーム」や音楽グループのBTSなど、息子の世代のティーンの日常にもコリアン・クールは定着している。文化はさまざまなジャンルが作用し合って生成されるから、音楽や映像が面白ければ本もそうであるのは当然だ。『ペイント』(イ・ヒヨン著、小山内園子訳、イースト・プレス、1650円)も、韓国のエッジを実感させるYA(ヤングアダルト)小説だった。

    「親ガチャ」という言葉があるが、この小説に登場するティーンたちは、親を選ぶことができる。少子化が極限まで進んだ近未来。人々は子どもを作らないし、作ってもちゃんと育てない。そこで育児したくない親の代わりに国家が子どもの養育に乗り出す。「国家の子どもたち」は13歳になったら親候補を自分で面接して選び、養子になる権利を持っている。タイトルの『ペイント』は「ペアレンツ・インタビュー」の略だ。

    残り929文字(全文1345文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事