テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

スマートグラスが拡大期に入り、3D仮想空間の広がりをけん引へ=津村明宏

    フェイスブックが共同開発した「レイバンストーリーズ」 フェイスブック提供
    フェイスブックが共同開発した「レイバンストーリーズ」 フェイスブック提供

    拡大期に入るスマートグラス 3D仮想空間への「窓口」に=津村明宏 電子デバイスの今/56

     スマートフォンに次ぐコミュニケーションツールとして期待を集めるスマートグラス市場が、いよいよ本格的な拡大期に入ってきた。ここにきて世界的な大手IT機器メーカーが相次いで新製品の開発を発表し、これまで先行してきた業務用に続いて一般消費者向けにも販売を開始。以前の製品はゴーグルのような外観で重量も重かったが、最新の製品は一般的なメガネとほぼ同様の外観へ進化し、大幅な軽量化も進んでいる。

     インターネット上に作られた3D(三次元)仮想空間「メタバース」の広がりがAR(拡張現実)やVR(仮想現実)の普及を今後いっそう後押ししていくと予想される中、スマートグラスはその入り口になるツールとして2022年も大きな注目を浴びそうだ。

    残り2011文字(全文2367文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事