投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

スタグフレーションが来たら、どうなる不動産価格=長嶋修

    スタグフレーションになれば不動産価格に下落圧力か……(本文と写真は関係ありません)
    スタグフレーションになれば不動産価格に下落圧力か……(本文と写真は関係ありません)

    不動産価格に下落圧力がかかるとき/120 

     物価が上昇してマネーの価値が下がる現象を伴う景気後退期でのインフレ、すなわち「スタグフレーション」について、頭の体操としてインフレレベルや金利動向に伴う不動産市場への影響を考えてみよう。

     2008年のリーマン・ショック後、「国内・海外とも経済・政治的に何が起きてもおかしくはない」と、突発的な事態に備える投資家が、実物資産であるゴールド(金)を保有する動きを見せた。金は輸入品であり、ドルと連動するため、1990年前後のバブル期の円建て金価格はインフレ率に比例して上昇することはなかったが、00年代前半に1グラム当たり1000円台だった金価格は、現在7100~7300円台で推移している(田中貴金属工業の店頭税込み小売価格)。

     これは一義的には「有事の金」として、円などの通貨から金へと資金が向かう逃避的・リスクヘッジ(回避)的な動きだが、こうした状況で不動産にも実物資産としての期待が集まる。もう一つ大きな理由に、なんといっても「カネ余り」があるだろう。日米欧の中央銀行が8000兆円にまで資産を膨らませ、日本の家計金融資産残高は2000兆円近い。

    残り651文字(全文1148文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事