教養・歴史アートな時間

2次元でも3次元でもない新手法で超絶リアルな金魚を描く=石川健次

≪丹塗り椀 更紗≫2011
≪丹塗り椀 更紗≫2011

美術 深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」 躍動する超絶リアルな金魚 “金魚救い”がきっかけの独創=石川健次

 まずは図版の作品を見てほしい。縁が少し欠けた赤い輪島塗の椀(わん)のなかを、金魚が泳いでいる。手でそっとすくいあげれば、びちびちと手のひらで跳ねまわりそうなほど元気いっぱい、威風堂々の金魚に見える。さて、ここで問題。この作品、写真でしょうか、それとも絵でしょうか?

 正解は絵だ。正確に言うと、縁が欠けた赤い輪島塗の椀は本物だが、そのなかで泳ぐ金魚はアクリル絵具で描かれている。水を得た魚のように、まさにその言葉通りに生き生きと躍動する金魚が、超絶リアルな金魚が、一匹、あるいは群れで本展会場を埋め尽くし、泳ぎまわる。

残り981文字(全文1291文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事