教養・歴史アートな時間

手で触れられる旧世界への哀惜 アンダーソン映画の深い楽しみ映画

©2021 20th Century Studios. All rights reseved.
©2021 20th Century Studios. All rights reseved.

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊=芝山幹郎

 この人の発想は無尽なのか。発明精神にも限りがないのか。どこまで趣味がよく、どこまで技が豊かで、どこまで奇想に恵まれているのか。

 久生十蘭や谷崎潤一郎の小説とは異なる味わいだが、ウェス・アンダーソンの映画に触れるたび、私は繰り返し感嘆する。

 手で触れられる物への愛着と旧世界への哀惜。このふたつは彼の映画の通奏低音だ。「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(2001年)から「グランド・ブダペスト・ホテル」(14年)に至る系譜を引くまでもなく、彼の映画は眼と耳に楽しい。心躍る色彩の饗宴を陰翳豊かな演技で縁取りし、観客をアンダーソン・ワールドにかどわかしていく。

残り959文字(全文1276文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事