教養・歴史アートな時間

手で触れられる旧世界への哀惜 アンダーソン映画の深い楽しみ映画

    ©2021 20th Century Studios. All rights reseved.
    ©2021 20th Century Studios. All rights reseved.

    フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊=芝山幹郎

     この人の発想は無尽なのか。発明精神にも限りがないのか。どこまで趣味がよく、どこまで技が豊かで、どこまで奇想に恵まれているのか。

     久生十蘭や谷崎潤一郎の小説とは異なる味わいだが、ウェス・アンダーソンの映画に触れるたび、私は繰り返し感嘆する。

     手で触れられる物への愛着と旧世界への哀惜。このふたつは彼の映画の通奏低音だ。「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(2001年)から「グランド・ブダペスト・ホテル」(14年)に至る系譜を引くまでもなく、彼の映画は眼と耳に楽しい。心躍る色彩の饗宴を陰翳豊かな演技で縁取りし、観客をアンダーソン・ワールドにかどわかしていく。

    残り959文字(全文1276文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事