教養・歴史アートな時間

クラシック 第75回全日本学生音楽コンクール東京大会入賞者発表演奏会=梅津時比古

第74回入賞者発表演奏会の様子
第74回入賞者発表演奏会の様子

クラシック 第75回全日本学生音楽コンクール東京大会入賞者発表演奏会=梅津時比古

誰かが聴いてくれるきっかけに 演奏家としてのスタート地点

 音楽コンクールがブームのような状況を呈していると、批判もさまざまに起こってくる。当たっているところもあるので、主な批判をひとつひとつ考えてみたい。

「音楽は競争するものではない」──。これはその通りである。算数や体育と違って、音楽の表現は数値化できない。計算で70点と80点、走り幅跳びが5メートルと6メートルでは誰もが納得するが、「こちらの演奏のほうが音楽的だ」と言われても分かりにくい。しかし、それだけさまざまな価値観を受け入れることができるとも考えられる。2位より1位が絶対に上ということはなく、それぞれが自分の評価を加えて結果を受け取ればいいと言えるだろう。

「演奏家が商品化されてしまう」──。大きなコンクールに入賞すると引っ張りだこになり、本人がじっくり勉強するより、次々に同じ曲の演奏を求められ、揚げ句の果てにあきられてしまうことは、よく起こる。コンクールはオリンピックではない。オリンピックで金メダルをとった人が「引退します」と言っても不思議ではない。しかしコンクールに入賞した人が「引退します」と言ったら変に思われる。コンクールはオリンピックのように…

残り832文字(全文1383文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事