国際・政治ワールドウオッチ

南アフリカ 22年のワイン用ブドウ生産は良好、伸び悩むワイン輸出に課題=堀内千浪

西ケープ州のワイン用ぶどう畑 筆者撮影
西ケープ州のワイン用ぶどう畑 筆者撮影

南アフリカ 22年ワイン用ブドウは良好=堀内千浪

 世界有数のワイン生産地である南アフリカで、2022年1回目のワイン用ブドウの収穫量作付け予測が発表された。業界団体は、今年の収穫量は21年比で若干減少する見通しであるものの、過去5年の平均量より良好だと報告した。降水量が多かったことが主な要因としている。

 生産地別では、観光地で有名なステレンボッシュが14%増なのに対し、西ケープ州オリファンツリバー地区は農家が収入が大きい干しブドウなどの作物生産に転換したため、5%減と予想された。

残り289文字(全文531文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事