週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

日経先物は日中に売って夜間に買え=市岡繁男

 日経平均先物の取引時間は8時45分〜15時15分(日中)と16時30分〜翌朝6時(夜間)に分かれる。日中と夜間に分けて、始値で買って終値で売る取引を毎日繰り返した場合、2020年4月から今日までの損益累計は、日中がマイナス4480円、夜間が6140円となる(図1)。夜間の日経平均先物は、日中の損失を補って余りあるもうかるトレードなのだ。

 こうした格差が顕著になったのは、日経平均株価が高値をつけた21年2月16日以降だ。その要因として次の3点を考えてみた。1点目は、日銀が昨年3月19日の金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)の買い入れをTOPIX型のみに変更。それと同時に、ETF購入回数を20年4月〜21年3月の53回から21年4月〜22年1月は9回に削減した。以来、日中の先物収益は現物株の売り圧力に押されてマイナスになることが…

残り216文字(全文586文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事