国際・政治論壇・論調

宙に浮くバイデン大統領の超大型環境・福祉法案「ビルドバック・ベター」=岩田太郎

テスラの電気自動車(EV)の充電スタンド。EV補助金への反対論は根強い(カリフォルニア州) Bloomberg
テスラの電気自動車(EV)の充電スタンド。EV補助金への反対論は根強い(カリフォルニア州) Bloomberg

気候変動で板挟みのバイデン政権 「ビルドバック・ベター」に賛否交錯=岩田太郎

 米バイデン政権が発足して1年が経過し、その目玉政策の一つである温暖化ガス排出量削減の「成績評価」と「近未来の実行可能性」が議論されている。

 米環境保護局(EPA)元高官のマーゴ・オーゲ氏は米ABCニュースの1月20日付記事で、「バイデン大統領はよくやっている」と高く評価。同記事は、2023~26年製の乗用車や軽量貨物トラックに適用される排出基準値を、従前より大幅に厳格化するEPAの新規則を具体例として挙げた。

 一方、米環境団体「サンライズ・ムーブメント」のバーシニ・プラカッシュ理事長は同記事で、「バイデン氏は就任直後に、温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定に米国を復帰させ、トランプ前大統領の環境破壊的な大統領令のほとんどを無効化するなど、強いスタートを切った」と一定の評価をした上で、「その後は空虚な約束を繰り返し、しっかりとした成果が出せていない」と批判した。

 また、環境・エネルギー問題に特化した米サイト「E&Eニュース」は1月6日付の記事で、「科学研究団体のカーボン・モニターによれば、政権の『2030年までに排出量を05年のレベルの半分にする』という野心的な目標にもかかわらず、米排出量は20年11月から21年10月末の1年間に前年同期比7%増加した。これは、米経済がコロナ禍による20年の落ち込みから回復する中で、石炭・石油・ガスの消費量が伸びたからだ」と解説した。

EV補助金に反対論

 こうした中、バイデン大統領の挽回のチャンスと見られていた超大型環境・社会福祉法案「ビルドバック・ベター」が共和党と民主党中道派の反対で宙に浮いている。

 米『ニューヨーク・タイムズ』紙は1月20日付の記事で、「バイデ…

残り667文字(全文1417文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事