【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

家族主義の日本が生む歪んだ母子。日米を往復する作家が問題提起=寺脇 研

©2021 シグロ/Omphalos Pictures
©2021 シグロ/Omphalos Pictures

映画 親密な他人 母と息子の異常な関係を通し日本の家族主義に問題提起

 人の心に不安や猜疑(さいぎ)が入り込みがちなコロナの時代を前提に、人間関係の揺らぎを色濃く感じさせる映画がこれだ。

 まず登場するのはオレオレ詐欺の犯行である。「急に入院費用が必要」との電話にコロリとだまされ、祖母は「孫の同僚」を名乗る若者に金を渡す。あっけないほど単純な仕掛けに疑いも持たず引っかかるのは、家族関係の親密さゆえの油断からなのだろう。広く知れ渡っているはずのこの犯罪に、被害が後を絶たないのは、家族主義を基盤とする日本独特の現象ではないか。

 そして、金を詐取した若者が次に近づくのは、情報提供に懸賞金を提示までして行方不明の息子を必死で捜すシングルマザーだ。ネットカフェで同宿していた際に預かったままだったという息子の身分証を渡すだけでなく、カレーしか食べない偏食ぶりまで知る彼に、母親は手がかりを期待し始める。

残り845文字(全文1243文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事