教養・歴史アートな時間

映画 ゴヤの名画と優しい泥棒 「BBCが有料なのはけしからん」 あの国とは違う洗練コメディー=勝田友巳

©PATHE PRoDUcTIONS LIMITED 2020
©PATHE PRoDUcTIONS LIMITED 2020

 1961年、ロンドンのナショナルギャラリーからゴヤの絵画「ウェリントン公爵」が盗まれて、報道機関に14万ポンドの“身代金”を求める脅迫状が届く。しばらくして年金生活者の男性が、絵画を返して出頭した。“身代金”で高齢者が支払っているBBC受信料を肩代わりするつもりだったという。実際にあった奇想天外な事件を、「ノッティングヒルの恋人」などのロジャー・ミッシェル監督が映画化した。英国風味を感じさせるコメディーである。

 幕開けは、主人公ケンプトンが、裁判で堂々と「無罪」を主張する場面。ここからさかのぼって事件をたどっていくのだが、まずはジム・ブロードベント演じるケンプトンが魅力的。映画を心地よく引っ張っていく。

残り886文字(全文1192文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事