教養・歴史アートな時間

映画 ゴヤの名画と優しい泥棒 「BBCが有料なのはけしからん」 あの国とは違う洗練コメディー=勝田友巳

©PATHE PRoDUcTIONS LIMITED 2020
©PATHE PRoDUcTIONS LIMITED 2020

 1961年、ロンドンのナショナルギャラリーからゴヤの絵画「ウェリントン公爵」が盗まれて、報道機関に14万ポンドの“身代金”を求める脅迫状が届く。しばらくして年金生活者の男性が、絵画を返して出頭した。“身代金”で高齢者が支払っているBBC受信料を肩代わりするつもりだったという。実際にあった奇想天外な事件を、「ノッティングヒルの恋人」などのロジャー・ミッシェル監督が映画化した。英国風味を感じさせるコメディーである。

 幕開けは、主人公ケンプトンが、裁判で堂々と「無罪」を主張する場面。ここからさかのぼって事件をたどっていくのだが、まずはジム・ブロードベント演じるケンプトンが魅力的。映画を心地よく引っ張っていく。

残り886文字(全文1192文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事