教養・歴史アートな時間

映画 ナイル殺人事件 俗な話を癖の強い役者に委ねる 「オリエント急行」よりも面白い=芝山幹郎

©2022 20th Century Studios. All rights reseved.
©2022 20th Century Studios. All rights reseved.

 ケネス・ブラナーが、またもやアガサ・クリスティの古典に挑んだ。前作は「オリエント急行殺人事件」(2017年)で、今度の新作は「ナイル殺人事件」だ。どちらも監督と主演を兼ねる密室殺人劇で、前者は特別列車、後者は豪華なクルーズ船が舞台となる。

 結論からいうと、「ナイル」は「オリエント急行」よりも上出来だった。前作に覗いた無駄な重々しさが抜け、俗っぽい話を癖の強い役者群に委ねている。

 冒頭で描かれるのは、第一次大戦に従軍しているエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)の姿だ。彼は天性の推理力で味方を救うが、その代償として口もとに深い傷を負う。前作で多くの観客を唖然(あぜん)とさせた「巨大な口ひげ」は、傷跡を隠すためのものだったのだ。ブラナー当人も、批判に対する言い訳を考えていたのではないか。

残り878文字(全文1226文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事