教養・歴史書評

あくびを観察できるほどに心許された夫妻の狼観察日記=美村里江

オオカミもあくびがうつる ともに寝起きした観察日記

×月×日

 米国大学の研究チームがオオカミのDNAを414頭85種の犬と比較したところ、最も類似しているのは「柴犬」だったそうだ。見た目が似ているシベリアンハスキーやシェパードではない、というのは意外だ。

『オオカミの知恵と愛 ソートゥース・パックと暮らしたかけがいのない日々』(ジム&ジェイミー・ダッチャー著、藤井留美訳、日経ナショナル・ジオグラフィック社、2090円)。ソートゥース・パックとは、米アイダホ州のソートゥース山地に生息するオオカミの群れの名前で、1990年から6年間にわたってこの地にテントを建てて寝起きした夫婦の観察記録だ。

 動物の観察においては人間を意識させないことが難しいと聞くが、彼らはオオカミたちに常に自分たちの姿を見せることで克服した。その上で、接触は極力控え、影響がないよう配慮。その結実は多岐にわたるが、本書に収められた写真が物語っている。全て白黒だが、人格ならぬ「オオカミ格」が漂ってきてどの写真も素晴らしい。

残り915文字(全文1361文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事