資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

太陽系はどのように誕生したか―50億年前に起きていたこと=鎌田浩毅

太陽系が誕生するまで 46億年前に「星間物質」凝結/92

 今から約138億年前に宇宙が誕生して以後、地球はこれまで知られている中で唯一の「生命の星」である。地球は太陽系の第3番目の惑星であり、これまでおどろくほど安定した環境を保ってきた。こうした地球の歴史を考えるうえでも、太陽系がどのように形成されたかを見ていこう。

 太陽系は約46億年前に誕生したが、中心にある太陽は圧倒的に大きく非常に重い。太陽系では太陽の周りを8個の惑星とこれらの惑星を回る衛星、さらに無数の小惑星や彗星(すいせい)などが、太陽の引力によりコントロールされて周回している。実は、太陽系にある惑星を全部合わせても、太陽の質量の1%にも満たないほど太陽は巨大なのである。

 太陽系の誕生期には、宇宙空間に漂っていたガスや微粒子などの「星間物質」が、万有引力によって互いに引き付けられ集まっていった。ガスや微粒子は全て質量(重さ)を持っている。すなわち質量を持つものは、おのおのの重力で引き寄せられ、次第に凝結していくのである。

 やがて、ガスや微粒子は「星雲」と呼ばれる薄い星の雲となった。そして、星の雲が新たに凝縮し、我々の属する「天の川銀河」を作っていった。その銀河の中で、ひときわ大きな中心、すなわち「原始太陽系星雲」が誕生した(図)。

成長する「微惑星」

 その中心に小型の「原始太陽」ができ、宇宙空間に満ちていた星間物質がさらに結合し、徐々に太陽を巨大化させていった。ちなみに、星間物質の主成分は、水素92%とヘリウム8%である。そして、太陽系にある星間物質の99%以上は、一番大きな太陽の内部に存在する。

 やがて、太陽が十分に…

残り532文字(全文1232文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事