教養・歴史アートな時間

複雑で微妙な人間の多面性描くカンヌ国際映画祭グランプリ受賞作=勝田友巳

©2021 Memento Production - Ashghar Production - ARTE France Cinema
©2021 Memento Production - Ashghar Production - ARTE France Cinema

映画 英雄の証明 カンヌのグランプリ受賞作は観客を安心させない複雑多面体

 イランのアスガー・ファルハディ監督は、「別離」(2011年)でも「セールスマン」(16年)でも、人間を複雑な多面体として描いてきた。ごく普通の人々が予期せぬ出来事に巻き込まれて右往左往するうちに、良心と悪意が不連続に現れ、本音と建前がせめぎあい、身勝手にふるまったかと思うと犠牲的精神を発揮する。

 人の真価は逆境でこそ測られるとはマーチン・ルーサー・キングの言葉というが、ファルハディ監督は、登場人物の周りを深く掘り進め、人間はそんなに単純ではないと言い返すかのようである。

残り993文字(全文1267文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事