教養・歴史アートな時間

少年の眼から見た故郷の動揺 親密さも当惑も彫りが深まる=芝山幹郎

©2021 Focus Features, LLc.
©2021 Focus Features, LLc.

映画 ベルファスト 少年の眼から見た故郷の動揺 親密さも当惑も彫りが深まる

 ベルファストへは紛争のさなかに陸路で入ったことがある。1980年代末のことで、自動小銃を抱えた英国兵が国境の検問に当たっていた。

 いまでも覚えているのは、雑貨屋の前に駐車して、買い物をしたときのことだ。店から出てくると、警官が私の車を覗(のぞ)き込んでいる。「君の車か」と訊くので、そうだと答えると、「停めるときは車内に人を残すように。じゃないと、爆弾の搭載を疑われる」と注意された。ただ、神経を尖らせた記憶はない。無骨だが親切な人々が多かった。

 ケネス・ブラナーの自伝的映画「ベルファスト」(2021)を見ながら、そんなことを思い出していた。時代は69年。主人公は9歳の少年バディ(ジュード・ヒル)。バディの家族は両親と兄で、近所に祖父母がいる。

残り913文字(全文1275文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事