教養・歴史アートな時間

少年の眼から見た故郷の動揺 親密さも当惑も彫りが深まる=芝山幹郎

©2021 Focus Features, LLc.
©2021 Focus Features, LLc.

映画 ベルファスト 少年の眼から見た故郷の動揺 親密さも当惑も彫りが深まる

 ベルファストへは紛争のさなかに陸路で入ったことがある。1980年代末のことで、自動小銃を抱えた英国兵が国境の検問に当たっていた。

 いまでも覚えているのは、雑貨屋の前に駐車して、買い物をしたときのことだ。店から出てくると、警官が私の車を覗(のぞ)き込んでいる。「君の車か」と訊くので、そうだと答えると、「停めるときは車内に人を残すように。じゃないと、爆弾の搭載を疑われる」と注意された。ただ、神経を尖らせた記憶はない。無骨だが親切な人々が多かった。

 ケネス・ブラナーの自伝的映画「ベルファスト」(2021)を見ながら、そんなことを思い出していた。時代は69年。主人公は9歳の少年バディ(ジュード・ヒル)。バディの家族は両親と兄で、近所に祖父母がいる。

残り913文字(全文1275文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事