【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

ティーン時代から30代へ。血縁の無い家族という「蜜月」を描く=寺脇 研

©2022 「蜜月」製作委員会
©2022 「蜜月」製作委員会

映画 蜜月 血縁のない姉と弟が向き合う 苦しすぎる過去と自立への未来=寺脇研

 題名の「蜜月」は、ハネムーン=新婚旅行でなく、「蜜月関係」との用法に表れる親密さを意味する。そう、家族の中に潜む親密な男女の関係性をえぐるのが狙いなのである。

 別々の家庭で育った高校生の少女と中学生の少年はある日、姉と弟の関係になった。少女の実の父はある事件により母と別れ、少年の実の母は男と出て行った。少女の母と少年の父が結婚して新しい4人家族となったが、どこかぎこちない。こうしたいわゆるステップファミリー(血縁のない家族)が安定した状態に落ち着くには時間が必要と言われるけれど、この一家には何やらそれ以上のわだかまりがありそうだ。

 子ども政策を一元的に担う政府の新組織「こども庁」の名称が、いつの間にか「こども家庭庁」となってしまったように、日本ではまだまだ個人の自立より家庭や家族の価値が重視される。コロナ禍の経済対策で子ども一人一人に届くはずだった臨時特別給付金が、世帯単位つまり世帯主対象だったせいで、基準日以降の別居や離婚があると現実の養育者に給付されない問題は記憶に新しい。

残り715文字(全文1199文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事