教養・歴史書評

善悪で割れない「小さき人々」を書くウクライナ生まれの作家

善悪二元論で理解できない「小さき人々」を書く=ブレイディみかこ

×月×日

「この罪深い戦争を止めなければならない」。ノーベル文学賞作家、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチは、ロシアのウクライナ侵攻に際していち早く声明を発表した。『アレクシエーヴィチとの対話 「小さき人々」の声を求めて』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ、鎌倉英也、徐京植、沼野恭子著 岩波書店、3190円)に彼女はこう書いていた。

「私には家が三つあります。私のベラルーシの大地は父の故郷で、私がこれまで住んできたところ。ウクライナは母の故郷で、私が生まれたところ。そして偉大なロシア文化なくしては今ある自分を想像することはできません」

残り1086文字(全文1386文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事