教養・歴史書評

善悪で割れない「小さき人々」を書くウクライナ生まれの作家

善悪二元論で理解できない「小さき人々」を書く=ブレイディみかこ

×月×日

「この罪深い戦争を止めなければならない」。ノーベル文学賞作家、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチは、ロシアのウクライナ侵攻に際していち早く声明を発表した。『アレクシエーヴィチとの対話 「小さき人々」の声を求めて』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ、鎌倉英也、徐京植、沼野恭子著 岩波書店、3190円)に彼女はこう書いていた。

「私には家が三つあります。私のベラルーシの大地は父の故郷で、私がこれまで住んできたところ。ウクライナは母の故郷で、私が生まれたところ。そして偉大なロシア文化なくしては今ある自分を想像することはできません」

残り1086文字(全文1386文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事