週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

ウクライナ占領にはロシア全地上軍の投入が必要=市岡繁男

ウクライナ占領にはロシア全地上軍が必要

 今年3月、米国の軍事サイトに、ロシアのウクライナ占領に必要な兵力数を推定した論文が掲載された。安全保障を専門とする著者の結論はこうだ。ロシア系住民が多い東部2州の確保に必要な兵力は約8万人、同数の交代要員も入れると16万人だ。これはロシア地上軍(35万人)の半数弱にあたる。

 キエフとオデッサも押さえるなら17万人、交代要員も入れて34万人が必要だ。つまり地上軍のほぼ全数を張り付けなければならない。そんなことは常識的に無理だ。ロシアの兵役対象(15~29歳)人口は2005年から22年までに1400万人、約4割も減少しており(図1)、79年のアフガニスタン侵攻時のような長期戦はできない。プーチン大統領が当初から、ウクライナ占領の意図はない、と表明したのはこのためだ。

残り233文字(全文588文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事