国際・政治ワシントンDC

「ウクライナは依存者」「プーチンはワシントンの政治家よりマシ」 過激発言で高視聴率たたき出すカールソン氏=溝口 健一郎

大統領選共和党候補に名前が挙がることしばしば FOXニュースのホームページより
大統領選共和党候補に名前が挙がることしばしば FOXニュースのホームページより

過激発言で高視聴率 カールソン氏の影響力=溝口健一郎

 タッカー・カールソン氏をご存じだろうか。FOXニュース・チャンネルで平日午後8時に放送される「タッカー・カールソン・トゥナイト」の司会者として、全米でも「超」が付く有名人だ。

 番組は度々ケーブルテレビの最高視聴率を記録している。2021年は平均視聴者数320万人を誇り、同じ時間帯のCNNとMSNBCの両ニュース番組を合わせた数字を上回る。取り上げるテーマは政治関連が多く、他のFOXニュースの番組と同様、共和党寄りである。カールソン氏独自の説得力ある切り口が番組人気の最大要因だ。しかし、その発言は物議を醸す場合も多い。例えば過去、以下のようなコメントがある。

「(21年)1月6日の議会襲撃は背後にFBI(米連邦捜査局)がいる。白人至上主義者の攻撃だと批判する警護の警官は馬鹿だ」

「(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事だ、BLM=運動の起点となった暴行死事件の犠牲者)ジョージ・フロイド氏は警官に殺されたのではなく、麻薬の過剰摂取で死んだ。BLM運動は国家的恥だ」

「ウクライナは民主的国家ではなく依存者に過ぎない。そんな国を我々が気にする必要はない。プーチン露大統領は倫理的にワシントンの政治家よりマシだ」

 番組はニュース報道というよりも、政治的事象をカールソン氏がどう解釈し、どういうレトリックで、誰を血祭りにあげるかのエンターテインメント番組と言える。毎夜、カールソン氏のファンはその一言一言に喝采し、彼を敵視する民主党支持者たちは歯がみするという構図だ。

 カールソン氏は1969年生まれ。大学卒業時にCIA(米中央情報局)に応募したが受からず、父親と同じメディアの道に進んだ。新聞や雑誌の記者を経て00年にCNNに就職。MSNBC…

残り584文字(全文1334文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事