教養・歴史書評

英国独自の貴族制度、小説に描かれた例を通じて楽しく学ぶ=楊 逸

英国独自の貴族制度 文学通じて楽しく学ぶ=楊逸

×月×日

 ウクライナ侵攻に対し、どうしようもない暗い気持ちを抱えながら、『ノブレス・オブリージュ イギリスの上流階級』(新井潤美著、白水社、2420円)を読み始める。

 立憲君主制の国が多く存在するヨーロッパ。かつて厳かであった王宮は、今では観光スポットとなって国の文化をアピールする役割も担うようになった。そして国に関係なく、王宮というものを見ればすぐイギリス王室の面々が目に浮かんでくるのは私だけだろうか。

 むろん世界一注目されるロイヤルファミリーといえば英国王室である。これは英語のグローバルな広がりのほか、かつて植民地を多く持っていたこと、そして貴族爵位の価値にも関係しているのではないか。

残り1014文字(全文1335文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事