教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

コロナ禍で違う生き方を考え始めました=小川仁志/125

長引くコロナ禍、漠然と別な生き方を考えるようになりました/125

 Q 長引くコロナ禍、漠然と別な生き方を考えるようになりました

 A 人生には美的選択と倫理的選択があり、決め手は「自分自身を選ぶ」ことです

 長引くコロナ禍でいろいろ考えるところもあり、漠然と違う生き方をしたいと思うようになりました。ただ、これまでのキャリアを無駄にするリスクもあるし、そもそも明確にやりたいことが決まっているわけではないので、どうしたものかと悩んでいます。

(医療機器メーカー勤務・40代男性)

 たしかにコロナ禍が長引くことで、自分を振り返る機会を持ったという人は多いのではないでしょうか。突っ走っているうちは、あたかも人生は一本道であるかのように感じるものです。でも、ふと立ち止まると、そこにはさまざまな選択肢があることに気づきます。

 そんな選択肢を前にして、いったい何をどう選んで生きていけばいいのか。参考になるのは、デンマークの哲学者キルケゴールです。彼は「あれもこれも」ではなく、「あれか、これか」の選択をするのが人生だといいます。大きく分けると、人生には美的選択と倫理的選択という二つの選択肢があるといいます。

 美的選択とは、享楽的に生きるという道です。いわば楽な道です。これに対して倫理的選択とは、悩みながらも自分で人生を切り開いていく苦しい道です。キルケゴールは、自らの経験を踏まえ、倫理的選択をすべきだとい…

残り800文字(全文1400文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事