教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

自他共に認める天然キャラ。部署が変わったら同僚に疎まれるようになりました/126

 Q 自他共に認める天然キャラ。部署が変わったら同僚に疎まれるようになりました

 A 自我と非我の対立を可分性を用いて許容し、上手に客観性を取り込もう

 昔からよく天然キャラだと言われます。これまでの職場ではそれが認められ、それなりに人気者だったのですが、部署が変わってから否定的な言われ方も多くなり悩んでいます。

(事務職・20代男性)

 いわゆる天然キャラは人と違うことをしたり、言ったりして驚かれるタイプの人を言うことが多いですね。が、実は誰しもそういう側面があります。無意識のうちに人と違う言動をとってしまうのは、客観性を欠いているからだと思うのです。

 つまり、自分の心の中にあるものをそのまま表現してしまっているのです。だから周囲の人から見れば、不思議な人に思われたり、見られたりする。逆にそれをうまく生かしているのが、お笑いのボケでしょう。そこをツッコミ役が指摘することで、笑いが生まれ、天然キャラが評価されるわけです。

 相談者の場合、以前の職場ではツッコミ役がいたのだと思います。でも、今はその役目の人がいないため、ただの天然のボケになってしまったから悩まれているのでしょう。そこで参考になるのが、近代ドイツの哲学者ヨハン・ゴットリープ・フィヒテです。

ボケはツッコミで光る

 彼は人間のあり方について、「自我と非我」という二つのキーワードを使って説明します。フィヒテによると、原則として人間は自我…

残り753文字(全文1353文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事