教養・歴史アートな時間

18分間ワンカットも! 支離滅裂な暴走感の中に現代社会のアレゴリー=勝田友巳

映画 インフル病みのペトロフ家 驚異の長回しと暴走感に込めた孤独と絶望が巣くう現代の寓意

 走っているバスの中から、映画は始まる。主人公のペトロフは立ったまま激しくせきこんでいる。インフルエンザなのだ。バスが止まり、覆面をして銃を手にした男たちがペトロフを引き出し、彼も銃を渡される。と、そこに車が到着して出てきた男女が壁際に並ばされ、ペトロフらが一斉に引き金を引いて射殺する。ペトロフが乗り込んだバスは再び走り出す。

 ここまで1カットの長回し。説明は一切なし。処刑したのも、されたのも誰なのか分からない。すぐに、バスの中の別のエピソードへと移ってしまう。

残り991文字(全文1268文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事