教養・歴史アートな時間

18分間ワンカットも! 支離滅裂な暴走感の中に現代社会のアレゴリー=勝田友巳

映画 インフル病みのペトロフ家 驚異の長回しと暴走感に込めた孤独と絶望が巣くう現代の寓意

 走っているバスの中から、映画は始まる。主人公のペトロフは立ったまま激しくせきこんでいる。インフルエンザなのだ。バスが止まり、覆面をして銃を手にした男たちがペトロフを引き出し、彼も銃を渡される。と、そこに車が到着して出てきた男女が壁際に並ばされ、ペトロフらが一斉に引き金を引いて射殺する。ペトロフが乗り込んだバスは再び走り出す。

 ここまで1カットの長回し。説明は一切なし。処刑したのも、されたのも誰なのか分からない。すぐに、バスの中の別のエピソードへと移ってしまう。

残り991文字(全文1268文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事