教養・歴史アートな時間

美人画の領域に安住せず挑戦 人々の生活の細部に目を 鏑木清方展=石川健次

鈴木清方 ≪雛市≫ 1901(明治34)年、公益財団法人 北野美術館、通期展示 
鈴木清方 ≪雛市≫ 1901(明治34)年、公益財団法人 北野美術館、通期展示 

美術 没後50年 鏑木清方展 美人画の領域に安住せず挑戦 人々の生活の細部に目を

 桃の節句を控えた雛市(ひないち)で、ふき綿仕立ての華やかな着物に真っ赤なショールをまとった女の子が母親に雛人形をねだっている。図版の作品だ。同じくいかにも高級そうな青いショールを身にまとう母親は、どれがいいかと娘の頭越しに身を乗り出すようにして物色中のようだ。和やかで温かな光景だろう。

 近代の日本画で上村松園と並ぶ美人画家の双璧とうたわれる文化勲章受章者の鏑木清方(かぶらききよかた)(1878~1972年)は、一方で「近年の研究では、清方が自身に付けられた美人画家というレッテルと戦い、自覚をもって風景画や風俗画、肖像画などに作域を広げていったことが明らかにされつつあります」(本展図録)という。

残り1055文字(全文1396文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事