国際・政治論壇・論調

英経済に暗雲 迫る景気後退と続くインフレ=増谷栄一

スナク英財務省(2022年3月、ロンドン) Bloomberg
スナク英財務省(2022年3月、ロンドン) Bloomberg

迫る景気後退、続くインフレ 英経済を覆う暗雲=増谷栄一

 国際通貨基金(IMF)が4月18日に発表した最新の世界経済見通しが、英国内でリセッション(景気後退)をめぐる議論に一石を投じた。IMFは、英経済成長は2022年には3・7%増と堅調な伸びとなるものの、23年には1・2%増に急減速し、「G7(先進主要7カ国)中、最下位に落ちる」と警告。インフレ率でも英国は23年が5・3%上昇と、「G7で最大のインフレ国となる」と指摘した。

 最大野党・労働党の「影の財務大臣」のリーブス議員は4月18日、英紙『ガーディアン』に対して、「IMFの最新データは政府の経済・社会政策が間違っていることを示す」と述べた。スナク財務相の増税による財政再建を目指した春の予算案(補正予算案)への痛烈な批判だ。同紙のリチャード・パーティングトン記者は、「冬にエネルギー価格が再上昇すれば、政治混乱は必至」と見る。

 厳しい経済見通しを受け、政府は財政拡大に転換するかどうかという議論が起き始めている。独金融大手ベレンベルク銀行のシニアエコノミスト、カルム・ピッカリング氏は英紙『デイリー・テレグラフ』のコラム(4月5日付)で、「スナク財務相が思い切った行動を起こさない限り、同相は英国を高税率で弱い投資の国に変えたと記憶される」と言及して、投資拡大の必要性を指摘。その上で、「21年10~12月期の英民間セクターの事業投資に対する税収額は4・1倍に上る。ブラウン財務相当時(同3・9倍)よりも高い」と論じ、課税の行き過ぎが悪化すると警告する。

 英予算責任局(OBR)は、政府の最新の5カ年財政計画では、GDP(国内総生産)に占める税負担の割合を1940年代後半以来の高水準に引き上げることになると指摘し、スナク財務相の怒りを買っ…

残り652文字(全文1402文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事