教養・歴史書評

オスマン帝国後宮で何が行われていたか=本村凌二

最新研究成果と共に描く

 イスタンブールの旧市街を見下ろす小高い丘の上にトプカプ宮殿がある。15世紀半ば、東地中海に君臨するビザンツ帝国を滅ぼして台頭したオスマン帝国の心臓部をなす。その宮殿の一角に「ハレム」とよばれる聖なる後宮がある。

 かつて日本にも大奥とよばれた後宮があったから、好奇心をあおる空間であるが、その実情について信憑(しんぴょう)性のある情報は少ない。その謎多き組織について、小笠原弘幸『ハレム女官と宦官たちの世界』(新潮選書、1815円)は、そこでなにが行われていたのか、その全貌を最新研究の成果をまじえて描き出す。

 本書は、そのハレムの成り立ちから出発して、ハレムが整備されていく有り様、さらに王族、女官、宦官(かんがん)たちなどそれぞれの立場や役割がさまざまな側面から記されている。女官や宦官はそもそも奴隷身分だったことや、それとともに奴隷はムスリムからは選ばれないことなどの黙約があったのだろう。

残り531文字(全文940文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事