教養・歴史書評

オスマン帝国後宮で何が行われていたか=本村凌二

最新研究成果と共に描く

 イスタンブールの旧市街を見下ろす小高い丘の上にトプカプ宮殿がある。15世紀半ば、東地中海に君臨するビザンツ帝国を滅ぼして台頭したオスマン帝国の心臓部をなす。その宮殿の一角に「ハレム」とよばれる聖なる後宮がある。

 かつて日本にも大奥とよばれた後宮があったから、好奇心をあおる空間であるが、その実情について信憑(しんぴょう)性のある情報は少ない。その謎多き組織について、小笠原弘幸『ハレム女官と宦官たちの世界』(新潮選書、1815円)は、そこでなにが行われていたのか、その全貌を最新研究の成果をまじえて描き出す。

 本書は、そのハレムの成り立ちから出発して、ハレムが整備されていく有り様、さらに王族、女官、宦官(かんがん)たちなどそれぞれの立場や役割がさまざまな側面から記されている。女官や宦官はそもそも奴隷身分だったことや、それとともに奴隷はムスリムからは選ばれないことなどの黙約があったのだろう。

残り531文字(全文940文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事