週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

円安・戦争で必需品価格の上昇が本格化=市岡繁男

1991年11月以来の高インフレ率

 4月の全国消費者物価(CPI)は、日銀が注目する「生鮮食品を除く総合(コア)」は前年比2.1%だったが、「持ち家の帰属家賃を除く総合」は前年比3.0%に急騰した(図1)。「持ち家の帰属家賃」とは持ち家に住む人も家賃を支払うとみなすもので、CPIに占める構成比は16%もある。だが、その前年比上昇率はゼロ%なので、全体のインフレ率は実態より低く見えてしまう。

 筆者は「持ち家の帰属家賃を除く総合」を重視し、その数値を総務省が公表する「消費税増税の影響を除外したデータ」で修正したところ、今回のインフレ率は1991年以来の高水準だったことが判明した。

残り292文字(全文583文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事