資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

偏在する3大資源/1 リチウム 埋蔵量の4割はチリ

EV電池に不可欠

塩湖の水を天日干しで生産/102

 脱炭素化が急速に進む中で、電池やモーターなどに使われる希少非鉄金属の価格が上昇している。2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出実質ゼロ)の柱となるEV(電気自動車)と再生可能エネルギー生産では、大量のレアメタル(希少金属)やレアアース(希土類)が頻繁に使われる。

 具体的にはリチウム、コバルト、ネオジム、銅、ニッケルなどの産業用金属だが、いずれも関連需要の増加によって供給がにわかに逼迫(ひっぱく)してきた。

 地学的に見ると、これらの元素はもともと含有量が少ないため希少金属と呼ばれてきた。すなわち、世界中にまんべんなく存在するのではなく、ある限られた地域に資源が偏在する特徴がある。それが国際紛争地にあったり、また政治的な思惑から意図的に供給をストップされたりすると、下流の産業では生産に困難を来すことになる。ここでは偏在する3大資源としてリチウム、コバルト、レアアースを順番に取り上げよう。

 米地質調査所によれば、リチウムイオン電池用のリチウムに関する生産国比率は現在、オーストラリア55%、チリ23%、アルゼンチン8%である。2017年以降のリチウムの年間生産量は30万~40万トンで、19年にはオーストラリアの鉱山が採掘を開始して45万トンまで増えた。

 リチウムの採掘には、リチウムの濃度が高い塩湖のかん水(塩分を含んだ水)を天日干しして生産する方法と、鉱石から生産する方法がある。チリとアルゼンチンでは、塩湖のかん水を天日干ししてリチウムを採取している。またオーストラリアでは鉱石を精鉱してリチウムを得ているが、鉱石から採取する場合は硫酸を鉱石に染み込ませて焼く工程で大量のエネルギーを使う。

製錬工程で高い中国への依存度

 埋蔵…

残り608文字(全文1358文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事