国際・政治論壇・論調

NATOがスウェーデンとフィンランドに期待する戦略的価値=熊谷徹

フィンランドのニーニスト大統領(左)とスウェーデンのアンデション首相(右)(2022年5月、ワシントンのホワイトハウス) Bloomberg
フィンランドのニーニスト大統領(左)とスウェーデンのアンデション首相(右)(2022年5月、ワシントンのホワイトハウス) Bloomberg

NATO待望の「北欧2国加盟」 トルコの翻意が鍵に=熊谷徹

 5月18日、スウェーデンとフィンランドは北大西洋条約機構(NATO)への加盟を正式に申請した。独日刊紙『ターゲスシュピーゲル』は同日付電子版で、NATOのストルテンベルグ事務総長の「両国がNATOに加盟すれば、我々に大きな利益になる」とのコメントを引用した。両国首脳は今年6月にマドリードで開かれるNATO首脳会議に招かれる予定だ。

 同紙によると、両国は2014年にロシアがクリミア半島を併合して以来危機感を強め、NATOの軍事演習に参加するなどして、協力関係を深めてきた。さらに2月24日のロシアのウクライナ侵攻で、欧州の安全保障に関する状況が決定的に変わったとして、加盟申請に踏み切った。

 独日刊紙『ヴェルト』は5月18日付電子版で「トルコ政府は両国の加盟に反対した。同国はその理由を『スウェーデンとフィンランドがクルド労働者党(PKK)などのテロ組織を支援しているため』と説明した」と伝えた。

 米政治サイト「ポリティコ」は5月20日付で「トルコの反対の理由は、米政府との兵器購入をめぐる交渉材料を増やすためだ。トルコは米国のF35戦闘機の購入を希望しているが、トルコがロシア製対空ミサイルを導入したために、バイデン政権はトルコへのF35売却を拒否。エルドアン大統領は、スウェーデン・フィンランドのNATO加盟に同意することと引き換えに、米国にF35のトルコへの売却を許可させることを狙っている」と解説している。

 独日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』の5月13日付電子版によるとNATOは両国を加盟させることで、バルト3国の防衛態勢を大幅に強化できる。NATOはロシアがバルト3国を侵略する場合、まずベラルーシと飛び地の…

残り667文字(全文1417文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事