教養・歴史アートな時間

是枝監督が韓国で撮った「家族」三部作の3作目=勝田友巳

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED
©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

映画 ベイビー・ブローカー

欠落を抱えて三者三様 母性を探すロードムービー

 たいていの人が一つ二つは持っていても、同じ形は二つとない。千差万別の家族だが、今ほどその姿が揺らいでいる時代もないのでは。是枝裕和監督は独特の角度からこのテーマを描き、その本質を問い続けてきた。「そして父になる」では、父親が、育ててきた子供が他人の子だったと知らされる。「万引き家族」は赤の他人の集団が、家族のふりをして暮らす。「ベイビー・ブローカー」は、産んだ子供を自ら手放す母親が主人公だ。韓国で撮った韓国映画でも、是枝監督の同じ系譜に連なる3部作だ。

 子供を育てられない母親が人知れず赤ん坊を預ける「赤ちゃんポスト」。雨の夜、ソヨンが赤ん坊を置き去りにするところから映画は始まる。違法な養子縁組をあっせんして仲介料をせしめるブローカーのサンヒョンとドンスが、赤ちゃんを横取りする。人身売買を捜査中の刑事スジンは、2人の現行犯逮捕を狙ってポストを見張っている。

 ソヨンが不審を抱いたことから、サンヒョンとドンスは彼女を抱き込んで、一緒に里親探しの旅に出る。闖入(ちんにゅう)者の少年を加え5人となった一行を、スジンが尾行するロードムービーである。舞台が韓国でも是枝監督の人間と社会を見る目は的確で、笑いを交えつつ子供と家族を巡る深刻な諸相を示してゆく。

 モチーフは明確だ。血がつながっているから家族になれるわけではないし、…

残り657文字(全文1257文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事