教養・歴史アートな時間

緑が多く人が少ないオスロで、生きる実感を追い求める主人公=芝山幹郎

©2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel - ARTE FRANCE CINEMA
©2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel - ARTE FRANCE CINEMA

映画 わたしは最悪。 

失敗と迷走を恐れぬ主人公

戯画化を避けて丁寧に描く=芝山幹郎

 顔がいくつもある映画だ。邦題も巧い。原題を訳すと〈世界で最悪の人〉となるが、「わたしは最悪。」という日本語に移し替えたことで観客との距離が縮まった。人はだれしも、「自分は最悪」と考える一瞬がある。若いときはとくにそうだ。思わないほうがおかしい。

 主人公のユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)は20代後半の女だ。学生時代から成績は優秀なのだが、興味の対象がすぐに変わる。医学専攻から心理学専攻へ移行し、それにも飽き足らずに写真家をめざし、さらに迷走していたころ、コミック作家のアクセル(アンデルシュ・ダニエルセン・リー)に出会う。

残り1038文字(全文1341文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事