教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

人事評価制度を作ることになり、人間の営みを数値化できるのか悩んでいます/133

Q 人事評価制度を作ることになり、人間の営みを数値化できるのか悩んでいます

 最近、新しい人事評価制度を作ることになったのですが、どうしても部員から不満が生じそうで悩んでいます。人間の営みについてすべてを数値化することはできないように思うのですが。

(人事部・40代男性)

A 人は尊厳ある存在で優劣はなく、機械論的な外力による結果の差を評価するのみ

 これはどこの業界でも問題になっていることですね。大学でもそうです。たしかに人間がやっていることですから、完全に数値化して客観的に評価するなどというのは不可能でしょう。いったい、どう考えればいいのか。

 そこで参考にしたいのが、アメリカの作家マーク・トウェインの慧眼(けいがん)です。彼のエッセー『人間とは何か』は哲学的作品だといっても過言ではありません。この中でトウェインは、人間機械論を唱えています。

 人間は機械と同じで、自分の意志や努力ではどうすることもできず、外的諸力によって影響を受け、動かされている存在だというのです。だから業績をほめたりするのには意味がないといいます。

“ゲーム”を評価

 これはペシミスティック(悲観的)な人間観だといわれますが、ある意味で本質をついているようにも思います。彼は、もしシェイクスピアが無人島で生まれ育っていたとしたら、あの偉大な作品は生まれなかっただろうといいます。それはその通りでしょう。

 でも、やはり同じ環境、条件であれば、生み出す成果に差が出た場合、生産性が高い方や優れた業績を上げた方をより高く評価すべきようにも思います。これに対してトウェインは、仮にネズミと学者であっても、原理、機能、過程という点ではど…

残り659文字(全文1359文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事