教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

ホラーやグロテスクなものなど変わったものが好きですが、趣味が合う人がいません/134

Q ホラーやグロテスクなものなど変わったものが好きですが、趣味が合う人がいません

 ホラーやグロテスクなものなど一風変わったものが好きで、その話をするとあまり乗り気ではない顔をされることが多く、趣味が合う人がいなくて困っています。(自由業・30代女性)

A 異質なもの=聖なるものに宿る魅力や価値、畏怖の念を自ら発信してみては

 一風変わったものが好きな人っていますよね。でもそれはその人が変わっているわけではなくて、そのものが変わっているわけです。そして、変わったものがいけないかというと、決してそんなことはありません。どんなものにもなんらかの価値があるはずですから。

 ただ、その価値に気づくかどうかだと思うのです。この点について参考になるのが、フランスの思想家ジョルジュ・バタイユの「聖なるもの」とういう考え方です。

 聖なるものとは、人を畏怖(いふ)させると同時に、また人を引き付けるものでもあります。具体的に彼は、醜悪な馬の図像や不気味な挿絵、あるいは骸骨寺の地下聖堂などを挙げています。いずれも一般的に言えば、いかにもグロテスクなものですよね。

自分だけに湧く感覚

 これらはまた「異質なもの」とも表現される通り、通常のものとは異なっているのです。だからこそ畏怖や魅力を覚えるのでしょう。当たり前のものを目にしても、おそらく畏怖などの感覚は生じにくいでしょうから。

 そう、聖なるものとは、主体が自分の中に生じる感覚にほかなりません。ですから、同じものを見ても、人によっては何も感じないこともあるわけです。逆に言うと、何かを見て自分だけが魅了されるというのは、すごいことなのです。

 特別な感覚を持っている…

残り662文字(全文1362文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事