国際・政治ワールドウオッチ

干ばつのロサンゼルスで節水策=土方細秩子

カリフォルニア 庭の水やりを週2日に制限=土方細秩子

 干ばつが続くロサンゼルス市で、6月1日より厳しい水の制限を開始した。住所の番地が奇数の家は月曜と金曜、偶数の家は木曜と日曜のみ庭の水やりが認められるというものだ。企業、集合住宅、公園などのスプリンクラーも同様で、1回につきスプリンクラーの稼働時間は8分間となる。

 市は監視のための特別職を設定し、特に水の消費の多い地域への見回りを行う。違反に対して初回は警告のみだが、2回目は200ドル(約2万7000円)、3回目は400ドル、4回目は600ドルの罰金を徴収する。一方、庭の芝生を剥がすことに同意する家庭には1平方フィート(約0.09平方メートル)当たり3ドル、また節水型の洗濯機に買い換える場合は最大で500ドル、節水型トイレで最大250ドルの補助金が提供され…

残り191文字(全文549文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事