国際・政治ワールドウオッチ

台南市美術館の妖怪展がネットで大反響=岡村崇

台湾 妖怪「キョンシー」に脚光=岡村崇

 台湾の台南市美術館が6月12日、フェイスブックで、アジアの妖怪をテーマにした展示会(6月25日~10月16日)の開催を「キョンシー」の写真とともに投稿し、大きな反響を呼んでいる。同展示会は、台南市美術館とフランスのケ・ブランリ美術館が企画。数世紀にわたる未知の世界に対する恐怖と想像力を作品で表現する。

 キョンシーは中国の妖怪で、亡くなった人を室内に安置しておくと、突然、夜に動き出すという言い伝えから生まれた。日本でも1980年代に映画が公開されるなどし、一大ブームを巻き起こしている。

残り279文字(全文543文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事